こんにちは。摂津市会議員団です。

[2018.4.1] -[インフォメーション新着情報議会報告]

核兵器禁止条約の日本政府の署名と批准を求める意見書を全会一致で採択ーー2018年第1回定例会

 昨年、国連にて人類史上初めて核兵器を禁止する条約が、加盟国6割を超す122カ国の賛成で採択されましたが、日本政府はこの条約採択に向けた会議をボイコットし、条約批准に背を向け続けています。
 世界唯一の被爆国の政府として、1日も早く条約に署名、批准し、地球上から核兵器を廃絶するために力を尽くすよう、摂津市長も参加する平和首長会議をはじめ各地から声が上がっています。 

 摂津市は、憲法を守り人間を尊重する平和都市宣言を行っています。この摂津市から、条約批准を日本政府に求めるために、日本共産党が提起した意見書案を一部修正し、核兵器禁止条約の日本政府の署名と批准を求める意見書」を全会一致で可決し国へ送付しました。

 なお、森山市長は第1回定例会初日、冒頭の市政運営の基本方針の中で、平和首長会議が取り組む「核兵器禁止条約の早期締結を求める市民署名活動」を摂津市として取り組むことを表明しました。

 ともに署名運動を広げて、唯一の被爆国として、また平和憲法を持つ国の政府として核兵器廃絶にむけて力を尽くすよう政府に求めていきましょう。