こんにちは。摂津市会議員団です。

[2019.1.1] -[インフォメーション政策・活動]

2019年新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

  今年は、春に府議会議員選挙、夏は参議院選挙、そして秋には府知事選挙と、悪政を変えるチャンスの年です。摂津市会議員団4人も平和と暮らしを守り明るい希望がもてる政治の実現に全力でがんばります。

 さて、昨年は大阪北部地震、西日本豪雨、台風など自然災害があいつぎました。災害時の行政の救援、復興支援の充実、防災計画の見直しなど従来の延長線上でない抜本的な改善が必要です。

 日本共産党市会議員団は、毎年、市民のみなさんからお寄せいただいたご意見、ご要望をまとめた予算要望書を市長、教育長に提出しその実現へ議会内外で活動しています。今年も災害対策を含め187項目の要望書を手渡し、来年度予算編成に反映するよう市長に求めました。

 これまで、子ども医療費助成制度の年齢拡大、就学援助入学準備金の前倒し支給、国保料の値上げ抑制など市民の皆さんとの共同の取り組みで数々の成果を得てきました。しかし、安倍政権と維新府政の悪政がつづくもとで、医療、介護、子育て・教育、環境など、市民の切実な願いが踏みにじられ続けています。

 今でも高い国保料の連続値上げをおしつけ、管理と強制で教育をゆがめ、カジノなど新たな巨大開発に突き進もうとする維新府政をかえましょう。

 生活保護や年金をはじめ福祉予算を削るもとで、過去最大の軍事費と米国製兵器の大量購入、格差と貧困が広がる中で消費税10%増税、朝鮮半島ですすむ新しい平和の流れに逆光する平和憲法改悪は許せません。なにより、うそ、隠ぺい、差別など政治モラルの劣化と退廃が極まる安倍政権は1日も早く変えなければなりません。今夏の参院選で自民、公明、維新を少数に追い込み、数の横暴で民主主義を壊す安倍政治を変えましょう。

 日本共産党市会議員団は、今年も身近な生活相談、市民要求実現運動、議会活動、そして国・府の悪政を変える運動に全力で取り組んでまいります。これまで以上のご支援とともにご意見、ご要望をお寄せいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2019年元旦

日本共産党摂津市会議員団